フリーランス独禁法で保護!?クラウドソーシングにメス

昨今、インターネット上で急増したインターネット個人事業主。
いわゆるフリーランスのソーシャルワーカー。彼らの労働基準法・独占禁止法について、
ついに行政が、具体的なメスを入れるかもしれないというニュースが話題になっています。
ランサーズの調べによると、過去1年間で報酬を得た人は1122万人にのぼるそうです。
この急激な個人事業主の増加に合わせて、これまでグレーゾーンが多く、法的な位置づけも曖昧だったために、
企業と個人間でのトラブルが絶えなかったという事で、現在、すでに公正取引委員会(行政)は、
芸能人やスポーツ選手も合わせて、その契約実態についての聞き取り調査を進めているそうです。
こうなってくると、益々クラウドソーシングは忙しくなってきますね。
法的な位置づけを明確化するという事は、ルールがどんどん変わっていくということです。ついて行くのが大変です。
どのようなメリット、デメリットが出てくるのか、今後の動向に目が離せません。脱毛ラボ カウンセリング 料金