はちみつ緑茶の便秘改善効果とは、便秘を改善するのに

はちみつと緑茶の組み合わせでは、腸の調子を整えて便秘を改善するのに効果的です。はちみつ緑茶は緑茶にはちみつを溶かしただけのお茶です。
はちみつの便秘に効果のある成分とはグルコン酸という成分です。グルコン酸は腸内の善玉菌のビフィズス菌のエサになる成分ですね。グルコン酸が腸に届くことで、腸内のビフィズス菌が増加するわけです。すると腸の働きも活発になって消化吸収や腸の蠕動運動が促進していきます。
いっぽう緑茶の働きとしては、カテキンやタンニンによって細胞のサビつくのを防いでくれます。細胞のサビは便秘の大敵といわれ、細胞がサビついてしまうと筋肉は柔軟性を失ってかたくなっていくのです。そのため、便秘になりやすく便を押し出す力の低下してしまうのです。
はちみつ緑茶でうまく水分を摂取すると、一日に必要な2リットルの水分が摂取できてきます。水分不足は便秘の原因のひとつですが、それをうまく補ってくれます。高齢者の場合には、水分の摂取量が少ないほど便秘や感染症にかかりやすいといわれています。水分摂取の方法として食事以外でティータイムなどで活用することが望ましいです。
はちみつ緑茶の作り方としては、緑茶の成分がしっかりと抽出されたものを使用するのがおすすめです。さらにそれを冷やして飲むことで腸の蠕動運動も促進されてきます。http://www.unicompinc.co/