日本での地震についての稽古をしていました

地震について習得をしました。日本では、1923カテゴリーの関東地震や1995カテゴリーの兵庫県内南部地震、2004カテゴリーの新潟県内中越地震など、大きな負債をもたらした地震が複数発生しています。しかし地球全体を見たスタイル、地震は限られた先でしか起こっていません。地震は主にプレートの境界で起こっています。地震が起こると家屋の倒壊など大きな被害が出ることもありますが、地震による負債は一般に震源からそれるほど小さくなります。大きな地震が起こると、力強い地震動(大地のゆれ)によって家屋の倒壊や崖狂乱などが起こります。また大地が隆起したり、あるいは影響にくい違って、大きな被害が出ることがあります。河川沿いや埋め立てロケーションなど拠点が砂地のところでは地震動で砂層が液状化し(液状化出来事)、負債を大きくすることがあります。2004カテゴリーの新潟県内中越地震は大きな負債が出ました。地震は常識災難なので起きないでほしいですが、ダメダメことなのかなと思います。